今の位置 ホームページ > 最新情報 > 婦人科の更年期症候群 神経衰弱 不眠症

婦人科の更年期症候群 神経衰弱 不眠症

漢方薬局 2013-06-26

神経衰弱、動悸不安、不眠症 天王補心丸
商品ブランド: 同仁堂
品番: CNYF13010710

注文HP:http://www.kanpou.cn/goods-859.html
注文E-mail: kanpou@126.com

天王補心丸の効能と適応症:
滋陰降火、養心安神。体液を補い、熱をさまし、神経のいらだちを鎮める作用があります。
適応症候:
体力が低下気味で、いらいら感、落ち着がない、動悸、息切れ、寝つきが悪い 眠りが浅い 夢をよく見る 目覚めやすい、健忘など。手足のひらが熱い、足腰がだるい、耳鳴り、頭がふらつく、潮熱(午後から熱が高くなる)汗っかき、盗汗(寝汗)などが起きるaや口燥して、便が硬い、便秘、口内炎、舌が赤い、舌苔が少ない或いはないなど。
臨床応用:
1.自律神経失調の神経症、神経衰弱、動悸不安、不眠症、心臓病、心臓神経症、不整脈。
2.婦人科の更年期症候群。
3.甲状腺機能亢進。 
上記適応症候を呈するものに適しています。

天王補心丸の成分:
人参、茯苓、玄参、桔梗、遠志、丹参、酸棗仁、生地黄、柏子仁、天門冬、黄連、石昌蒲。

天王補心丸の使用方法:
1回1丸、1日2回。 (1ヶ月の服用量(目安):6箱)

天王補心丸の注意事項と副作用:
禁 忌:

注 意:
1.生や冷たい食べ物、脂っこい、辛い食べ物を避けること。

 

次の記事:更年期障害治療薬
前の記事:月経痛 月経を調節し 治療漢方薬